7月30日

www.youtube.comパルはどこかの王族か大貴族の跡取りで兄姉が沢山おり、シャフリさんはそのうちの一人だった。ほぼカトル状態。伊達にクアドルンの補修に6800円するHGUCペーネロペーのパーツ何個も使ってないぜ。

マサキ奪還作戦の最中にアルスが邪魔しに来るが、フェイクニューの他にアルケーが居るなぁ。と思ったら、アルスコアにアーマー装着した「デュビアアルケー」という新種だった。これキット化しないんですか。そしてクアドルンも参戦、なんかシルエットがペーネロペーのフライトユニットっぽくて、これキット化・・・しないだろうな。

多くのエルドラ人を手にかけ、咎を背負過ぎたマサキは死を望み、クアドルンはそれを汲もうとするが、ヒロトに説得され踏み止まる。同じような経験をしたヒロトの言葉だから説得力あった。そこからのマサキ救出、BGMがOPに切り替わり、イージスナイト必殺技からのサタニクス換装、ドリルで粉砕しプライヤーでゼルトザームの右腕ひきちぎるシーンが超熱い。吹っ切れたヒロトの叫び声も様になっていたし、これぞ良くできたロボットアニメ。ドリルからペンチに切り替えた時、コクピットだけ引きずり出んじゃないかとブレイブな事考えたのは自分だけですかね。

最後にマギーさんがネットの集合知を使って何かする模様。これが助っ人に繋がるのか? しかしカザミ、動画18本も上げてるのに、最新の再生回数4回なんか・・・・

 

 

 

 

 ▼

www.tv-asahi.co.jp

www.toei.co.jp

www.youtube.com令和ライダー2作目は、剣豪で文豪で、ファンタジー異世界で、キーアイテムは絵本。ライダーは10人以上登場・・・なんか設定が渋滞しとる。

ゼロワンは一旦リセットして、刷新感のある洗練されたデザインだったのに対し、セイバーはなんか平成だなぁと。頭に剣ブっ刺さってる奇抜なデザインとか、珍妙なフォームチェンジとか。「ジャッ君と土豆の木」って、オリジナルのタイトル使えんのかい。主人公が赤、火属性、ドラゴンは龍騎、ウィザードもそうだしなぁ・・・実に平成な感じする。

メインライターはゴーストの人。これだけで特オタから色々言われそうだ。自分もゴーストはうん、まぁ・・・脚本というよりか演出がねえ・・・・

どうも初見の印象が自分としてはあんまりフックが無いんですよね、それこそゴーストが発表された時以来な感じで。といっても放送前の印象なので、これからいくらでも変わっていくだろうけど。

 

そしてゼロワン8月終了が確定してしまった。視聴者意識としては「休止したぶん延ばせばええやん」なんだろうけど、

企業側としては「スケジュール崩すわけにはいかんので、休止したぶんは話数短縮」という事なんでしょう。これがいいか悪いかは残り5話の内容を観ないと判断できないので今のところ言う事はないです。というか悪かったケースの想像したくない・・・ゼロワンスタッフが上手にまとめてくれる事を祈るしか。

7月26日

www.kamen-rider-official.comゼアがアークゼロに乗っ取られ、或人はゼロワンに変身不能に。成す術もなく襲撃されて或人死亡。他のライダーもみんな死亡。

と思ったら時間が巻き戻る。これらは全てゼアとデータが共有化されたイズによる未来予測だった(40話開始時点からイズ視点だった)。何億通りものシミュレートを重ねて、シンギュラリティに達したイズがゼロツープログライズキーを生成した事で或人死亡が回避され、ゼロツードライバーが完成。或人が最終形態・仮面ライダーゼロツーに変身。アークゼロ撃破。

AIの未来予測があたかもループ物のようになったり、アークゼロとの戦いは行動予測合戦で、演算処理能力が高い方が勝てるんだろうからアークより後発のゼアとイズの方がスペック高いのは納得できる。この辺は実にSFしてて満足感あった。まぁプログライズキーがイズの耳から出てきたり、ドライバーがいきなり出てきたり、新アイテムがポンと出てくるあたりは、いつものライダーって感じで、せめて作る過程を1話使って描いたらもっとリアリティ出たんだけどなぁ。

ゼロツーのデザインは、シャイニングアサルトもメタルクラスタも装飾過多だったけど、初期フォームの形状を少し変えて赤い差し色を付けたくらい、赤いマフラーとグローブで「2」のアイコンを入れたライジングホッパーVer.2.0というシンプルに逆戻り方式は良い。派手なのに慣れると引き算的なデザインが格好良く見えるんだよねー、ジョーカーとか。

 

 

来週水曜に次期ライダー発表。休止の影響でゼロワン終了が8月か9月か問題になってたけど、どうも9月いっぱいみたい?

 

 

 

www.famitsu.com幻想水滸伝の主要スタッフが新会社立ち上げてキックスターター

あのシリーズは2がRPGの歴史に残る大傑作と言っていいんだけど、4から主要スタッフが抜けて実質5で終了。以降に出た2作品は世界観が別物。

作品によって時代が変わるけど登場人物とその血縁者が共通しており、3が伏線引いたままで終わったのが残念でならない。3以降の時代の話がやりたかったんじゃ・・・コナミでないなら他メーカーが権利を買い取ってワンチャンとかあったんだろうけど、コナミだから絶望的なんだよなぁ・・・メタルギアキャッスルヴァニアもスタッフ離れて新会社立ち上げて、同じテイストの作品出してるし。

百英雄伝は速攻で目標達成できると思うので期待してます。